AFC葉酸サプリに含まれる

ビタミンB2について説明します。

 

ビタミンB2は別名リボフラビンとも呼ばれ、

水溶性ビタミンの一種です。

 

ビタミンB2の働き

生体内での働きは補酵素として

糖質やタンパク質、脂質の代謝の際に

関連しています。

つまり酵素の働きを補助して、

効率の良いエネルギー代謝を可能とします。

 

また代謝によって粘膜や皮膚などの

組織を形成したり、人体の発育にも寄与します。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、

積極的に摂取したいビタミンとなります。

 

ビタミンB2には抗酸化作用としての一面も持ち合わせ、

体の酸化による老化や細胞障害などを

抑制する可能性があります。

 

ヒトの体は常に酸化にさらされています。

癌化や老化はこういった酸化物質の蓄積や

DNA障害によって引き起こされていると

考えられています。

酸化物質の抑制は健康的な生活を送る上で

重要な要素となります。

 

ビタミンB2を含有する食材

そんなリボフラビンですが肉、乳製品、穀物など

幅広い食材に含まれています。

 

ビタミンB2の1日摂取目安量

リボフラビンの一日摂取量の目安ですが

成人で1.5㎎/日程度です。妊婦は+0.3㎎/日で

授乳婦は+0.6㎎/日となっております。

AFC葉酸サプリに含まれるビタミンB2

AFC葉酸サプリに含まれるビタミンB2は

一日摂取量当たり、ビタミンB2:1.2㎎/日です。

つまりAFC葉酸サプリの一日摂取で、妊娠中の

必要ビタミンB2の70%を摂取できます。

 

ビタミンB2の欠乏症状

リボフラビンは皮膚や粘膜の形成、

並びに代謝や抗酸化作用を持ち合わせています。

 

そんなことから欠乏症状としては、

皮膚炎や舌炎、成長低下や老化などの

可能性が指摘されています。

 

また代謝によるエネルギー産生不足から

だるさや疲れやすさなどにも影響を

与える可能性があります。

 

またリボフラビンは眼症状にも関連しているため、

不足によ角膜炎などを引き起こします。

 

ビタミンB2の過剰症状

過剰症ですがリボフラビンは水溶性ビタミンの一種

ですので、起こしにくいと考えられます。

 

逆に一日に大量のリボフラミンを摂取しても

体に蓄積されません。

 

つまり毎日必要量の摂取を心がけないと

不足の可能性があります。

 

まとめ

食事の偏りのある方や、

妊娠中の方はつわりで

食事量が減少することもあります。

 

そのような方はリボフラビンが含まれている

AFC葉酸サプリの摂取がおすすめです。

 

AFC葉酸サプリで快適な妊娠生活を

送れるとうれしいですね。

 

AFC葉酸公式サイトは↓↓↓

★送料無料★女性100人の声から生まれた葉酸サプリ!

楽天はこちら↓↓↓