葉酸サプリに含まれる

アスパラギン酸について説明します。

 

アスパラギン酸は11種類あるうちの

非必須アミノ酸の一種です。

 

アスパラギン酸の生体内での働きは、

神経伝達や、タンパク合成・体内の解毒作用があります。

またエネルギー代謝や免疫機能にも関連しています。

 

 

そんなアスパラギン酸が多く含まれる食材は

アスパラガスや、もやし、豆類などがあります。

アスパラギン酸自体が熱に弱いため、加熱によって

吸収量が減少します。

 

 

アスパラギン酸が過度に不足すると、

疲労感や免疫低下、解毒作用の低下、

神経伝達物質の不足などが考えられます。

 

また逆に過剰症ではアミノ酸の過剰摂取となるため、

肝機能障害や腎機能障害等の影響が考えられます。

 

以上、非必須アミノ酸の

アスパラギン酸についての説明でした。

 

非必須アミノ酸はヒト自身で生合成できますので

摂取は必須ではありません。また普段からバランスの

良い食事をされていれば、不足する可能性は低いです。

 

しかし食事のバランスが悪い方や、妊娠中の

つわりなどで食事量が低下している方などは

積極的に摂取していきたいものです。

 

そんな方は葉酸サプリと一緒に、アスパラギン酸も

一緒に摂取できれば安心ですし、

おすすめの葉酸サプリとなります。