葉酸サプリに含まれる

ベヘン酸について説明します。

 

ベヘン酸は非必須脂肪酸の一種で、

飽和脂肪酸に分類されます。

 

非必須脂肪酸はヒト自身で合成できますが

過度な不足はエネルギー産生不足などの

影響があるため、重要な物質です。

 

ベヘン酸の生体内での働きは、

エネルギー代謝やコレステロール合成、

皮膚トラブルの改善などです。

 

ベヘン酸が多く含まれる食材は

ピーナッツオイルなどがあります。

 

ベヘン酸が過度に不足すると、

エネルギー代謝障害やコレステロール不足、

皮膚トラブルなどの可能性があります。

 

また逆に過剰症では脂肪酸の過剰摂取となるため、

エネルギー過多による肥満のリスクがあります。

 

以上、非必須脂肪酸の

ベヘン酸についての説明でした。

 

非必須脂肪酸はヒト自身で生合成できますが、

過度な制限や過剰摂取は健康にとっ悪影響となります。r

バランスのよい摂取が、健康の上で重要となります。

 

普段からバランスの良い食事をされていれば、

不足する可能性は低いですが、

食事のバランスが悪い方や、妊娠中の

つわりなどで食事量が低下している方などは

積極的に摂取していきたいものです。

 

また健康にも関連する非必須脂肪酸ですので、

栄養もとりつつ健康に気を配りたい方などは

バランスよく摂取していきたい脂肪酸です。

 

そんな方は葉酸サプリと一緒に、

ベヘン酸も一緒に摂取できれば安心ですし、

おすすめの葉酸サプリとなります。