ベルタ葉酸サプリに含まれる

ラクトフェリンについて説明します。

 

ラクトフェリンは哺乳類の生物の

母乳などに含まれている物質で、

ヒトの体液(血液、唾液、涙)などにも

存在しています。後で説明しますが、

抗菌作用や免疫に関係するので、

人体の様々な体液に含まれていると

考えられます。

 

ラクトフェリンの生体内での具体的な働きは、

抗菌作用や抗ウィルス作用があります。

 

また免疫機能を調整する働きがあり、

腸内細菌のバランスも整えてくれます。

 

発がん抑制などの可能性も指摘されています。

 

赤ちゃんが母乳を飲むことによって、

上記のようなうれしい作用を

もたらしてくれるのですね。

 

ちなみにラクトフェリン自体はタンパク質

ですので、胃酸や膵液などの蛋白分解酵素で

アミノ酸に分解されます。

 

赤ちゃんの場合はそういった機能が

発達していないため十分量のラクトフェリンが

腸内に届いて吸収されると考えられています。

 

赤ちゃんは自分で身を守ることが

できないので、しっかり栄養があって

免疫も助けてくれる母乳をお母さん側で

準備してあげなくてはならないですよね。

 

ラクトフェリンには

特に一日推奨摂取目安量はありません。

 

過剰摂取量の規定もありませんが、

過剰摂取はタンパク質代謝に関連し、

腎機能障害や肝機能障害の可能性も

あるので、適度な摂取が望まれます。

 

またラクトフェリン自体は鉄を含有するので、

鉄の不足がおこらないようにすることも重要です。

 

普段からバランスの良い食事をされていれば、

ラクトフェリンが不足する可能性は低いですが、

食事のバランスが悪い方や、妊娠中の

つわりなどで食事量が低下している方などは

積極的に摂取していきたいものです。

 

ラクトフェリンの摂取は、人体に悪影響を与える

可能性は少なく、鉄も十分に含有している

ベルタ葉酸サプリがおすすめの葉酸サプリとなります。

 

ベルタ葉酸サプリで健康的な生活や、

快適な妊娠、妊活生活を送れるとうれしいですね。

 

ベルタ葉酸サプリ 公式サイトは↓↓↓

【ベルタ葉酸サプリ】