ベルタ葉酸サプリにはレンコンが

含まれています。そんなレンコンに含まれる

アミノ酸の成分と働きについて説明します。

 

必須アミノ酸

まずレンコンには必須アミノ酸が含まれています。

必須アミノ酸とはヒト自身の体内で

十分に合成することができず、

食物より摂取しなければならない

アミノ酸のことです。

 

アミノ酸はタンパク質のもとになります。

タンパク質は体内で様々な生理活性を持ちます。

体内で生成できないからと言って摂取しないと

生命活動ができなくなる重要な物質なのです。

 

レンコンに含まれる必須アミノ酸は

トリプトファン、リシン、トレオニン、バリン、

ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンです。

 

トリプトファン

トリプトファンの生体内での働きは、

体内リズムに関連している

セロトニンやメラトニンの生成です。

セロトニンは気分を安定させる効果があり、

メラトニンは質の良い睡眠と深い関係があります。

 

トリプトファンの不足はうつ病や不眠症などを

引き起こす可能性があります。

 

リシン

リシンの生体内での働きは、

クエン酸回路というエネルギーを産生回路を

活性するのに必要なアミノ酸となります。

 

リシンの不足は皮膚炎や、エネルギー産生

を効率よく行えなくなり免疫不全や成長・発育

に影響を及ぼす可能性があります。

 

トレオニン

トレオニンの生体内での働きは、

糖質代謝やコラーゲン合成などに関連します。

また成長促進や、脂肪が肝臓に蓄積するのを

抑制する効果もあります。

 

トレオニンの不足は皮膚トラブルや

成長障害、エネルギー産生不足などがあります。

 

バリン

バリンの生体内での働きは、

筋力増強ならびに、疲労回復があります。

プロテインなどにも配合されており、

運動中のエネルギー産生に関与します。

 

また血液中の窒素バランスを調整し、

体内のアンモニア発生を抑制したりもします。

(肝硬変などの肝臓病に使用されたりもします)

成長や皮膚トラブルの改善も関連しています。

 

バリンの不足は筋疲労や、

低栄養のリスクがあります。

皮膚トラブルや成長障害にも関連します。

 

ロイシン、イソロイシン

ロイシン、イソロイシンの生体内での働きは、

筋力増強ならびに、疲労回復があります。

血液中の窒素バランスを調整して、

体内のアンモニア発生を抑制したりもします。

血糖値を下げるインスリンの

分泌促進作用もあります。

 

ロイシン、イソロイシンの不足は筋疲労や

低栄養、成長障害と関連があります。

 

ヒスチジン

ヒスチジンの生体内での働きは、

ヒスタミン合成です。

それによって食欲が抑えられたリ、

脂肪代謝を活発にします。

 

またヒスチジンは成長にも関連しており、

特に子供に必須のアミノ酸となります。

 

ヒスチジンの不足によって成長障害や、

ヒスタミン合成障害による神経障害などを

来す可能性があります。

 

これらの必須アミノ酸の難しいところは、

一つだけ多くとっても、ほかの必須アミノ酸を

バランスよく摂らないとうまく機能しないこと

にあります。

 

レンコンには非必須アミノ酸も含まれています。

 

非必須アミノ酸

非必須アミノ酸とはヒトを構成する

20種類のアミノ酸のうち必須アミノ酸以外の

11種類のアミノ酸のことです。

 

レンコンに含まれる非必須アミノ酸ですが、

アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、

アラニン、セリン、グルタミン酸、

プロリンです。

 

アスパラギン酸

アスパラギン酸の生体内での働きは、

神経伝達や、タンパク合成・

体内の解毒作用があります。

エネルギー代謝や免疫機能にも関連します。

 

アスパラギン酸が過度に不足すると、

疲労感や免疫低下、解毒作用の低下、

神経伝達物質生成の不足が考えられます。

 

アルギニン

アルギニンの生体内での働きは、

成長ホルモンの分泌ならびに疲労回復です。

蛋白合成、免疫機能や性機能とも関連します。

 

アルギニンが過度に不足すると、

疲労感や免疫低下、筋肉量の減少、

性機能低下のリスクが考えられます。

 

グリシン

グリシンの生体内での働きは、

コラーゲン合成や神経伝達機能です。

蛋白合成や、睡眠にも関連しています。

体内の血流の増加により、深部体温の

調整をして良眠を促すともされています。

 

グリシンが過度に不足すると、

睡眠の質の低下や皮膚トラブル、

筋肉量の減少が考えられます。

 

アラニン

アラニンの生体内での働きは、

肝臓でのエネルギー産生に必要な原料となり、

蛋白合成や、免疫機能・肝機能改善効果にも

関連しています。脂肪燃焼効果もあり

ダイエットなどに利用されています。

 

アラニンが過度に不足すると、

エネルギー産生不足や、

筋肉量の減少などが考えられます。

 

セリン

セリンの生体内での働きは、

神経細胞の栄養補給や神経機能の維持です。

細胞の構成要素や保湿成分の元となり

美容効果が期待できます。

 

セリンが過度に不足すると、

神経細胞の機能異常や、皮膚トラブル

などの影響が考えられます。

 

グルタミン酸

グルタミン酸の生体内での働きは、

神経細胞の働きを助けたり、

神経伝達の機能を維持したりします。

男性の性機能障害も改善します。

 

グルタミン酸が過度に不足すると、

神経障害や、性機能障害があります。

 

プロリン

プロリンの生体内での働きは、

代謝改善と、コラーゲン合成です。

関節痛の改善にも関連しています。

 

プロリンが過度に不足すると、

エネルギー代謝障害や皮膚トラブル

などの可能性があります。

 

ヒト自身で生合成できない

必須アミノ酸とは違い、

非必須アミノ酸は必ずしも摂取を

しなくてはならないものではありません。

 

しかし現代の偏った食事や、

乱れた食生活をしている人は

不足の可能性があるので要注意です。

 

まとめ

レンコンには様々な必須アミノ酸や

非必須アミノ酸が含まれている、

バランスのよい栄養食材です。

 

ベルタ葉酸サプリにはレンコンが含まれており、

食事のバランスが悪い方や、乱れた食生活を

している方にはおすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリで

快適な健康生活を送りたいですね。
ベルタ葉酸 公式サイトは↓↓↓

【ベルタ葉酸サプリ】

楽天はこちら↓↓↓