葉酸サプリに含まれるフェニルアラニンについて説明します。

 

フェニルアラニンは9種類あるうちの必須アミノ酸の一種です。

 

フェニルアラニンの生体内での働きは、

ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンと

いった脳内神経物質に変換される原料となります。

神経伝達や、血圧、運動に大きく影響します。

またフェニルアラニン自体に痛みを取る効果があたっり

月経症状を和らげる働きがあります。

 

そんなフェニルアラニンが多く含まれる食材は肉類や

乳製品や卵などがあります。

 

フェニルアラニンの一日推奨摂取目安量は

成人でフェニルアラニン:体重1㎏あたり25㎎と

なっております。

 

フェニルアラニンの不足はうつ病や、イライラなどの

神経障害をきたします。上記のドーパミンや

ノルアドレナリンが不足することになるので

想像しやすいですよね。

 

また逆に過剰症ではセロトニン不足や血圧の異常などが

引き起こされる可能性があります。

 

以上、フェニルアラニンについての説明でした。

 

必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニンは

それ自体を生体内で合成することができません。

フェニルアラニン自体は多くの食材に含まれており、

通常では不足することはありません。

 

しかし必須アミノ酸はバランスよく摂取しないと

他の必須アミノ酸を十分に活用できないという

性質があります。

 

バランスの良い食事ができない方や、妊娠中で

つわりのひどい方は不足に要注意です。

 

そんな方は葉酸サプリと一緒に、フェニルアラニンも

一緒に摂取できれば安心ですし、

おすすめの葉酸サプリとなります。