葉酸サプリ比較 葉酸サプリのカフェインについて

葉酸サプリにはカフェインが含まれるものもあります。

そんなカフェインは妊娠中に摂取してよいのかを説明します。

 

カフェインとは

カフェインとはアルカノイドの一種で、

覚醒作用や利尿効果など様々な働きをします。

 

カフェインが含まれるもの

カフェインが多く含まれる食物は、

コーヒーやココア、チョコレートなどがあります。

総合感冒薬などにも含まれていたりもします。

 

カフェインの働き

カフェインは中枢神経の興奮に伴う、

覚醒作用の効果があります。

眠い時にコーヒーを飲むのがよいのがこの例ですね。

 

また強心作用も指摘されていて、血圧が上がったり

脈が速くなることを感じることもあります。

 

脳の血管を収縮させたりするので

頭痛にも効果があるときがあります。

 

カフェインのダイエット効果

脂肪燃焼や脂肪酸増加作用もあるので

エネルギー代謝が活発となり

ダイエットにも効果的です。

 

カフェインの過剰摂取の影響

以上のようにカフェインには様々な効果があります。

一見すると良い効果がありますが、カフェインの

とり過ぎは依存を生じます。また急にカフェインを

やめると離脱症状がでて、だるさや

胃腸障害が出てしまうこともあります。

 

つまり適度な摂取が必要なのですね。

 

カフェインの妊娠中の摂取は安全?

カフェインは妊娠中に摂取してもよいのでしょうか。

 

カフェインは利尿作用があり、それ自体もカルシウムと

一緒に排泄されます。葉酸や鉄なとも一緒出てしまうので、

赤ちゃんに必要なミネラルが不足する恐れがあります。

 

またカフェインの大量摂取で流産率が増加するとの

報告もされています。目安としては一日あたり

コーヒーカップで2杯程度にとどめておくことが無難です。

 

まとめ

以上葉酸サプリに含まれるカフェインに

ついての記事でした。

 

今はカフェインレスのコーヒーや

ルイボスティーなどの飲み物があります。

そういったカフェインの含有量が

少ないものを利用するのもよいですね。

 

葉酸サプリを選ぶ際には、比較して

なるべくカフェインの含まれていない

ものを選びたいですね。