葉酸に含まれるマグネシウムについて説明します。

 

マグネシウムは必須ミネラルの一種で、

体内で歯や骨の形成ならびに様々な作用を示します。

 

人体にはおよそ20g~30g程度含まれ、多くが骨に

貯蔵されています。

 

主な作用としては歯や骨の形成、代謝の補助、蛋白合成、

また医薬品としては安全な下剤として利用されています。

 

そんなマグネシウムですが、

豆類や海藻などに多く含まれています。

 

マグネシウムの推奨摂取目安量は

成人でマグネシウム:300㎎/日前後となっております。

妊婦のみ+40㎎/日の追加摂取が推奨されています。

 

マグネシウムの欠乏は、骨の脆弱性を引き起こし、

うつ病や心臓病や糖尿病との関連も指摘されています。

 

逆に過剰症では、医薬品に利用されているように、

下痢となります。脱水も引き起こし、

腎臓の機能障害も引き起こすので注意が必要です。

 

妊娠中は追加摂取が推奨されますが、

つわりなどで食事摂取がままならないこともあります。

葉酸サプリと一緒にマグネシウムも

適切に摂取できると安心ですね。