葉酸サプリに含まれるピリドキサール

(ビタミンB6)について説明します。

 

ピリドキサール、ピリドキシン、ピリドキサミンが

ビタミンB6と呼ばれ、水溶性ビタミンの一種です。

 

生体内では神経伝達物質合成や、代謝、赤血球合成に

利用され、抗癌作用に関しても関連が考えられています。

 

そんなピリドキサールですがニンニクやレバー、いわしなど

に多く含まれています。その他多くの食事に含まれているので、

バランスの良い食事がとれていれば不足することはありません。

 

ピリドキサールの摂取量の目安は

ピリドキサール1.3㎎/日程度で、

妊婦は+0.2㎎/日、授乳婦は+0.3㎎/日となります。

 

上限量も定められており、

ピリドキサール50㎎/日前後となっております。

 

欠乏症としてはペラグラ様症候群や舌炎、皮膚炎があります。

またうつ症状や痙攣などの神経障害をきたす場合があります。

 

過剰症としては、末梢神経障害や

感覚異常などを引き起こす可能性があります。

 

ピリドキサールは上でも説明したように、

通常のバランスのとれた食事では欠乏することは

ありません。

 

しかし妊婦や授乳婦で追加摂取が必要となることや、

妊娠中のつわりを考えると、葉酸サプリで

ピリドキサールを一緒に摂取できたほうが安心ですよね。