葉酸の不足によって胎児の先天性異常の

リスクが上昇します。

 

先天性の異常とは二分脊椎や無脳症のことです。

二分脊椎は先天的な脊椎骨形成不全により

神経管閉鎖障害をきたします。

 

それにより水頭症や足の麻痺、排尿障害をきたし、

手術による治療が必要となることがあります。

よって発症リスクを軽減させる葉酸の摂取が

推奨されているのです。

 

また妊娠初期は胎児が神経を形成する時期で

葉酸接種が重要とされています。

 

妊娠がわかってから葉酸を摂取するよりも、

妊娠を希望されている女性や妊活中に

葉酸を摂取したほうがよいです。

 

というのも妊娠初期の葉酸の摂取が重要ですので、

妊娠に気づくのが遅れると

その間の葉酸不足を補えないからです。

 

今後生まれてくる赤ちゃんのためにも

しっかり準備しておくことも重要と考えられます。