葉酸サプリに含まれるビタミンについて説明します。

 

葉酸自身もビタミンB9のことで必須ビタミンの一種です。

 

葉酸サプリに含まれる必須ビタミンは主に以下の通りになります。

 

ビタミンA(レチノール)、B1(チアミン)、B2(リボフラビン)、

B3(ナイアシン)、B5(パントテンサン)、B6 (ピリドキサール)、

B7(ビオチン)、B9(葉酸)、B12(シアノコバラミン)、C(アスコルビン酸)、

D(カルシフェロール)、E(トコフェロール)、K(ナフトキノン誘導体)。

 

そもそもビタミンとは私たち人間の生存にとって必要な有機化合物のことです。

名前の由来も生命(vita)とアミン(Amine)の合成語から来ています。

(ちなみに一番初めに発見されたビタミンはB1で、日本人が発見しています)

 

ではなぜビタミンが人にとって必要なのでしょうか。

 

それはビタミンが不足すると代謝機能不全を認めるためです。

 

しかし残念なことに人自身がこのビタミンを自分の体で合成することができません。

(人とその他生物にとって必要なビタミンは違います)

 

そこで人は様々な食物からビタミンを摂取しなくてはならないのです。

 

現代人の偏った食事でビタミンの不足が指摘されています。

ただやみくもにビタミンをとれば良いというわけではありません。

ビタミンによっては過剰症を引き起こす場合があり注意が必要です。

 

葉酸サプリには上記のビタミンがバランスよく

配合されているサプリがあります。

妊娠中のつわりなどで食べられないことがあります。

 

不足しがちなビタミンを葉酸サプリで

総合的に摂取できると安心ですよね。